ライフハック

【誰でも再現可能】悪い習慣を断ち切るシンプルな方法5選【時間泥棒を克服しよう】

こんにちはものらびです

前回悪い習慣7選ということで、今すぐ辞めるべき習慣を7つ紹介しました。

↓詳しくはこちらの記事をご覧下さい↓

なかにはこの記事を見て、これらの悪い習慣を明日からやめよう!と思った方もいると思います。

ですが習慣とは恐ろしく、1度ルーティンとして生活に組み込まれるとなかなか辞められなくなってしまいます。

ですが皆さんご安心ください。
実はこの悪い習慣を断ち切る方法というものが存在します。

この記事では悪い習慣を断ち切る方法を5つ解説していきたいと思います。

あなたの生活をもっと良くするために読んで損はない記事になっていますので、是非ご覧ください。

それではいきましょう。

悪い習慣を断ち切る方法5選

きっかけをハッキリとさせる

習慣というのは必ず「きっかけ」が存在します。

たとえば、毎日 3 時になると甘いものを食べてしまう、寝る前にスマホゲームをいじってしまう、仕事から帰宅するとすぐにテレビをつけてしまう、などが考えられます。

まずは、自分の生活において何が「きっかけ」になっているかを洗い出しましょう。

そうすることで、根本から悪い習慣を断ち切る「きっかけ」になります。

悪い習慣を辞めると起こるメリットを書き出す

悪い習慣を辞めるメリットを書きまくることも非常にオススメです。

例えば、タバコを辞めたいと思っている方は、タバコを吸うデメリットではなく、辞めることで得られるメリットを書き出してみましょう。

  • 健康になる
  • タバコ臭くなくなる
  • お金が貯まる
  • 若返る
  • 体力がつく
  • 長生きできる
  • 時間が出来る
  • 食事が美味しくなる

どうですか?

こうやって書き出してみることでメリットを可視化でき、辞めるための1歩が踏み出しやすくなります。

ぜひ悪習慣をやめたあとの自分をイメージして、メリットを実際に書き出してみましょう。

20秒ルールを取り入れる

人間は何かに取り掛かるまでに20秒以上かかる物事を嫌がる傾向があります。

勘のいい方はもうお分かりですね。

そうです。悪い習慣を始めるために20秒余計にかかるような仕組みを作りましょう。

習慣化したいことは20秒以内に実行できるようにし、やめたい習慣は20秒以上かかるように環境を調整することで、狙った習慣だけを身につけられます。

例えば、テレビゲームを辞めたいと思っている方はゲームを終えたら箱に入れて片付けましょう。

次ゲームを始める時に、箱から出してテレビに繋ぐ手間がかかります。

そのうち、準備が面倒くさくなり、ゲームをしなくなるという訳です。

この方法、めちゃめちゃオススメですので、ぜひやってみて下さい。

周りの人に宣言する

悪い習慣を断ち切るには周りの人に宣言する事も非常に効果的です。

仲間やSNS上で打ち明けてしまうことで、疑似的に監視の目を作ることができるので、結果として辞めざるを得ない状況に自分を追い込むことができます。

人は社会的な生き物です。特に日本人はその傾向が強いですよね。

そのため目標を宣言して、周囲を巻き込むというのは継続するためにはかなり効果的な方法です。

家族がいる方はぜひ、家族に「明日からこれを辞める」と宣言してみましょう。

まずは少しずつ減らす

悪習慣をいきなりやめてしまうのではなく、少しずつ減らしていくようにしましょう。

その方が、ストレスになりにくく、なるべく負荷をかけずにやめられます。

よくダイエットをしたい人が痩せる方として有名ですよね。

甘いものを断ち切るのではなく、少しずつ減らすという方法です。

もちろんこの方法は様々な悪習慣を断ち切る方法としても応用できます。

例えば、SNSに時間を奪われてしまう人は、アプリを開く回数を徐々に減らしてみましょう。

午前中はSNSをみない。夜寝る前はSNSを開かないなど、時間で縛るのも効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は悪い習慣を断ち切る方法を5つ紹介しました。

悪習慣を断ち切る方法
  • きっかけをハッキリとさせる
  • 悪い習慣を辞めると起こるメリットを書き出す
  • 20秒ルールを取り入れる
  • 周りの人に宣言する
  • まずは少しずつ減らす

悪い習慣を断ち切り、良い習慣を身につけることが結果的に人生をストレスなく過ごすための近道になります。

前回の記事でひとつでも当てはまったものがあった方は、今回の方法を駆使して悪習慣を断ち切りましょう。

今回はここまで。

ものらび
ものらび
皆さんの頑張らなくてもいい時間が1秒でも増えますように!
RELATED POST