ライフハック

【爆睡注意】睡眠不足の方が簡単に寝られるライフハックベスト5【ランキング】

そこのあなた、睡眠不足で悩んでませんか?

こんにちはものらびです。

皆さん毎日、ちゃんと寝られていますか??

睡眠というのは生きていく上で一番大切なことと言っても過言ではありません。

この記事はこんなあなたにオススメ!!
  • 夜なかなか寝付けない
  • 途中で起きてしまう
  • 朝起きられない
  • 疲れが取れない

私も睡眠不足がつづき、睡眠薬を服用していた時期がありました。

しかし、これから紹介する内容を実践するようにしたところ、睡眠の質がめちゃめちゃ上がりました。

今回は睡眠の質をあげる5つのライフハックをお伝えします。

↓ライフハックって何??って方はまずこちらの記事を読んでみてください↓

【今さら聞けない】そもそも「ライフハック」って何?【ズボラ必見】こんにちはものらびです。 皆さんはこのブログのタイトルにもある「ライフハック」の意味ってご存じでしょうか? 「SNS上で経営...

睡眠の質を上げる5つの裏技

第1位 五感をシャットアウトする

こちらが1番重要で1番オススメしたい方法です。

私はADHDの特徴である感覚過敏という症状で、ちょっとした物音が気になってしまい、なかなか寝付けないタイプでした。

そこで、私はある書籍で紹介されていた「三種の神器」を試してみることにしました。

こちらが、僕達を夢の中に連れていってくれる三種の神器です。

一瞬で寝られる三種の神器
  • 耳栓
  • ホットアイマスク
  • お好みのお香

耳栓を付けることによって静寂が訪れ、最高の環境が出来上がってしまいます。

ホットアイマスクは疲れた目を温かさで回復させてくれますし、体が自然に寝ることを覚えてくれます。

お香をたけばそこはもう夢の中。ほんの一瞬で気を失ってしまうでしょう。気づいたら朝になっています。

この三種の神器、それぞれ高価なものでは無いので、是非一度試して見てください。

↓こちらの記事でもっと詳しく解説しています↓

【爆睡不可避】寝具三点セットを手に入れよう【寝不足のあなたに】こんにちは、ものらびです。 皆さんは、きちんと夜眠れていますか? 睡眠には「疲労回復」の役割や、「脳と身体の休養」として、非...
ものらび
ものらび
完全に寝るスイッチが入ります。とってもオススメ!

第2位 携帯をいじらない

皆さん、「ブルーライト」という睡眠の宿敵、ご存知ですか?

ブルーライトとは、パソコンやスマホなどの液晶画面から発せられる青い光です。

波長が短く、可視光線の中でエネルギーが最も大きい光であり、目の疲れや精神的疲労の原因になると言われています。

現代の私たちは、夜間や就寝前にスマホなどのブルーライトを長時間見ることが多くなり、体内時計が乱れるため、睡眠障害が引き起こされています。

ですので、寝る前はできるだけ、携帯を見ないようにしましょう。

特に、寝る前に携帯を見るのが癖になっているかた、要注意です。

ものらび
ものらび
僕はブルーライトのないKindle paperwhiteで、読書をするように心がけています。

第3位 寝具を見直す

あなたの使っているマットレス、本当にあなたに合っていますか?

睡眠中の体に与える影響はマットレスが大きく、柔らかすぎても、硬すぎてもいけません。

私はコアラマットレスを使っています。
少し値段が張りますが、人生の1/3は寝ているので、寝具に投資する価値はあると思います。

また、枕の高さも適切でないと、睡眠の質が下がってしまいますので、自分にピッタリの枕を見つけたいですね。

↓設備投資の重要性については、こちらの記事で解説しています↓

【ズボラ必見】便利アイテムで毎日を快適に【設備投資】 便利なアイテムの重要性 こんにちはものらびです。 みなさんはこんな経験ありませんか? 面倒くさがりなので、何か...
ものらび
ものらび
思い切って寝具にお金を使ってみませんか?

第4位 寝る90分前に湯船に浸かる

睡眠の質を上げたいのなら、
就寝の90分前に40度前後のお湯に15分ほど浸かるのがオススメ。

血流が良くなり、手足からの発熱によって深部体温がスムーズに下がります。

すると、体温が下がってきたときに、自然と眠くなり深い睡眠が得られます。

熱いお風呂が好きな方もいると思いますが、
温度が高いと交感神経が活発になり、覚醒が優位になります。

その結果、その後の睡眠に悪影響を与えてしまいます。

なので必ず、ぬるいお湯で15分ほど入るというのを守るようにしてください。

ものらび
ものらび
僕はお風呂が好きで休みの日は3回入ります。(真似しないでください)

第5位 リラックスできる環境を作る

皆さん、リラックスできてますか??

リラックスするにはリラックスできる環境が必要不可欠。

心を落ち着かせるために21時以降の運動は絶対にやめましょう。

腹筋など呼吸数や心拍数が上がるような運動は、おやすみモードから遠ざけてしまいます。

21時以降は、ストレッチや筋弛緩運動でリラックスをして、身体の凝りをほぐしましょう。

さらにツボを押すのも効果的。

安眠をもたらすツボと言われているのが、「労宮(ろうきゅう)」と「失眠(しつみん)」。「労宮」は、手を握ったときに人差し指と中指の先端の間にあるツボで、「失眠」は、かかとの中央にあるツボです。

ツボ押しは、気持ち良さを感じる程度の強さで、ゆっくり呼吸をしながら行うと良いでしょう。

また、睡眠用のBGMなども、リラックスしやすいのでオススメです。

ものらび
ものらび
僕は川のせせらぎや、雨の音とか聞くとすごいおちつきますね。

まとめ

今回は睡眠の質をあげる5つの方法を伝授しました。

これらの方法を全て実践すれば、その日の疲れをリセットできるので、毎日のパフォーマンスも格段に上がるでしょう。

次の日に疲れが残ってるなんてもう言わせません。

先ほども言いましたが、人生の1/3は寝ていることになります。

睡眠の質が良くなれば、人生の質の1/3上がったことと同義です。

特に若い方は、年齢を重ねて代謝が落ちてきたときに、睡眠障害になりやすいので、今のうちから睡眠の質にこだわってみてください。

是非、夜眠れなくて困ってる方は、参考にしてみて下さい!

ものらび
ものらび
皆さんの頑張らない時間が1秒でも増えますように!
RELATED POST